ペットサプリメントとは

ペットサプリメントはペットフードでは摂取できないような栄養素を補うものです。ペットの健康を維持し、病気などを予防するために利用されています。サプリは病気を治すためのものではなく、体の調子を整えるためのものであるということを忘れてはいけません。サプリメント先進国のアメリカではペット用のサプリメントがスーパーなどで購入できるほど普及しているようで、その流行が日本にも広まって来ています。ペットが以前よりも長生きするようになったことや、ペットを家族として扱いようになったことからペットの健康に関する意識が高まったと考えられています。ペット用サプリメントの中で最も出回っているのが犬用サプリです。その次に猫用サプリ、小動物用、鳥用のサプリメントもあります。犬猫用と兼用になっているサプリメントもありますが、犬猫が区別されているようなものは成分や量などに違いがあるので犬用のサプリを猫に与えたり、猫用のものを犬に与えないように注意してください。

最近の犬の健康維持のために所有者と家族のために使用されている栄養補助食品として犬のサプリメントがあります。個のサプリメントは愛犬用のサプリと猫用のサプリに分類されています。愛犬のサプリと猫のサプリメントの違いは結構あります。
また、ペットサプリメントは「愛犬」「猫」「猫兼用」と猫のほかにも色々あります。鳥などの “”小動物 “など専用のサプリメントも様々な種類があります。大きく10〜20種類のサプリメントが目的に合わせてあります。
犬は猫のような肉食動物であるが猫より雑食性が強く、犬と猫では必要な栄養が全然違います。サプリメントは栄養補助食品なので犬と猫では補助する成分が違います。同じ名前のペットフードでも「愛犬」と「猫」は成分に差があります。
猫は生きていくうえで必要なアミノ酸の一つである「タウリン」と脂肪酸の一つ「アラギドン酸」、「ビタミンA」などの栄養を食事に取らなければなりません。アラギドン酸と「タンパク質」は、犬よりも猫が多く必要するため、猫のペットサプリメントに多く含まれています。
犬が猫専用のサプリメントを食べてしまうと「栄養過多」になってしまいます。また、猫が犬のサプリメントを食べても今度は逆に「栄養不足」です。
よって、犬用と猫用で全く違うサプリを摂取しないと効果が出ないだけでなく、体に悪影響を与える可能性もあるので、犬猫サプリメントは猫のサプリと犬のサプリを取り替えて与えることは絶対に控えましょう。
またサプリメントの効果には、「遺伝性疾患の予防」「免疫力の向上」「偽装内蔵ケア」「変形性関節症の予防」「血流改善」「がんの予防」「寄生虫予防」など、人間のサプリメントのように沢山のさまざまな効果があります。効果について補足が分かれています。
腸内殺菌環境をきちんと整えることで、糞尿の臭いや体臭などを抑制する効果があるサプリメント食品もあります。

犬猫の栄養補助食品のあるサプリメントは、獣医師と栄養学者によって開発された野菜を丸ごと使用した栄養補助食品として肝臓の健康維持におすすめのサプリメントとして存在しています。
こういった犬用サプリと猫用サプリは販売会社と内容量などにより価格に違いがあります。ペットサプリメントは、食事だけでは不足している栄養を補うという点で効果があります。よって、よく勉強せずに適当にむやみに多くのサプリメントを与えてあまり効果がありません。また、人間のサプリメントと同様に病気の「治療」というより「予防」効果があります。自分で飼っている愛犬・愛猫のいくつかの栄養が不足していないことを理解し、それを補う食品としてサプリメントを与えることが重要です。