手作りの食事

さまざまな種類のペットにはそれぞれの理想的なメニューがあるといえます。
理想的なメニューは、ペットが必要としている食物や栄養、エネルギーなどさまざまな要素を適切な割合で含むようなものでなければなりません。さらに、ペットのエネルギー必要量を多すぎず少なすぎないように十分に管理する必要があります。

ペットによって必要なメニューが異なるとはどういうことでしょうか。
例えば、一般的に猫は高蛋白質の食事を必要としています。そのため1週間の間に異なる種類の蛋白質供給源つまり肉を主体とした食物を与えるのが最も効果的な給餌法とされています。ここにはいくつかの注意点があります。
特に加熱調理はタウリンなどの一部の必須アミノ酸を被壊することが知られているので、猫も生肉が必要とされています。これらの必須アミノ酸が不足すると、猫の健康に非常に悪い影響を起こすことが知られています。
必須アミノ酸は人間と猫でほとんど共通しています。しかし、アルギニンとタウリンは人間には必須アミノ酸ではないものの、猫にとっては必須アミノ酸とされています。こういった人と異なる必要とされる栄養には十分注意するべきでしょう。

犬に正しい食事を与えるのは猫の場合よりも少し簡単だと言われています。犬は猫に比べて栄養で許容できる部分が広く、人間の食事に似た食事に対処することが可能であるとされています。
しかし、人間の中にもある種の食事を十分に消化しエネルギーとして活用出来る人がいるでしょう。そういった人とは異なり、しっかりと食事の内容を管理しなければならないような人も少なくないはずです。それは動物も同様で、それぞれの動物は一頭一頭が異なっており、ある動物に上手くいったことが同じ種類であっても、必ずうまくいくとは限らないでしょう。心配な場合には、何らかの食事上の変更を考えた時にかかりつけの獣医師に説明して相談するのが良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です