サプリメントを与えるタイミング

どんなに飼い犬にぴったりの成分を含んでいるサプリメントを入手したとしても、適正なタイミングで与えることができなければ、効能を存分に発揮させることができません。
サプリメントは成分や目指す効果によって、与えるべきタイミングというものがあり、不適切な状態で摂取させても、吸収がほとんどされず、全く効果も得られない、といったことになってしまいかねません。

脂溶性の成分、例えばビタミンA、ビタミンD、DHA、EPA、コエンザイムQ10などは、脂分を多く含む食物と一緒に与えると、効率的に吸収され、効果もよく現れるでしょう。消化の活発に行われる食中、食後が良いと思われます。

アミノ酸・たんぱく質は、食事に含まれるものが優先的に消化・吸収されます。ですので、サプリメントで補助的に与えたいのであれば、空腹時が適しています。食後数時間経ってからの摂取が良いとされています。運動効率をあげるための摂取ならば、運動の30分ほど前、運動による筋肉疲労の回復のためならば、運動のあとの30分ほどです。
マグネシウムは、体内の濃度が早朝、または午前4時頃に低下する傾向があるとされており、その直前に摂取するのが効果的だとされています。

また、吸収の速度や効率をコントロールするための加工が施されている場合があり、例えばゆっくりと、徐々に消化されるよう加工された「タイムリリース」タイプなども存在しています。

何を目的に与えるのかということを明確化し、適切な摂取タイミングを理解しましょう。
パッケージや説明書をよく読み、「食前」「1日3回」などといった服用の回数やタイミングについての説明を、見逃さないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です