栄養の基礎知識

ペットの栄養を理解し、市販フードへの依存を乗り越えるには、共通の認識を持っている必要がありますから、ます基礎知識をおさらいしておきましょう 。

エネルギーはすべての生き物の根本的な必要物の1つで、細胞が機能するための力を供給しています。食品のエネルギー含量は炭水化物、脂質、蛋白質に由来しています。食品中のこれらの栄養素それぞれの含有量によってその食品のエネ ルギー含量が決まるのです。食事中の脂質は1グラムあたり約9キロカロリーを、 蛋白質と炭水化物は 1グラムあたりそれぞれ約4キロカロリーを供給しています。
エネルギー(カロリー)摂取量は、 慎重に監視する必要があります。食品からの カロリーの合計が動物が必要とする工ネルギー量を超えていると肥満につながる 可能性があり、若齢の犬の中には発育異常を来たすものもあります。動物のエネルギー必要量は多くの因子の影響を受けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です